So-net無料ブログ作成

2012年10/31札幌公演

松本バッハ祝祭アンサンブル札幌公演
Bach Festival Ensemble Matsumoto in SAPPORO
札幌市・松本市 観光・文化交流都市協定事業コンサートホール企画連絡会議連携事業

2012年10月31日(水)19:00開演
札幌コンサートホールKitara

■演奏曲目(曲順未定)
J.S.バッハ:
ブランデンブルク協奏曲第2番 ヘ長調 BWV1047
チェンバロ協奏曲 ヘ短調 BWV1056
ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 ハ短調 BWV1060a
管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV1067
ブランデンブルク協奏曲第5番 ニ長調 BWV1050

■出演者名
指揮・チェンバロ 小林道夫
ヴァイオリン 桐山建志 花崎淳生 大西律子
ヴィオラ 長岡聡季
チェロ 花崎薫
ヴィオローネ 櫻井茂
フラウト・トラヴェルソ 北川森央
リコーダー 高橋明日香
オーボエ 尾崎温子
トランペット 平井志郎

------------------------------


全席指定
一般3,500円/学生1,000円

▼KitaraClub会員▼一般3,000円
ご予約・お問合せ:Kitaraチケットセンター 011-520-1234
http://www.kitara-sapporo.or.jp/event/?p=24263

プロフィール
小林道夫(こばやし・みちお/指揮・チェンバロ)
1933年生まれ。東京藝術大学楽理科卒。旧西ドイツ・デトモルト音楽大学に留学し、幅広く研鑽を積む。チェンバロ、ピアノ、室内楽、指揮など多方面で活躍し、特にJ.S.バッハ、モーツァルト、シューベルトの解釈及び演奏では最高の評価を得ている。伴奏者としての活躍は、世界的名伴奏者であったジェラルド・ムーアに比肩するとまで言われ、D.F.=ディースカウ、E.ヘフリガー(声楽)、 J.=P.ランパル、A.ニコレ(フルート)、モ-リス・アンドレ(トラ ンペット)、P.ダム(ホルン)、 P.フルニエ(チェロ)、スーク(ヴァイオリン)らと国内外で共演をおこなっている。J.S.バッハの「ゴールドベルグ変奏曲」のコンサートは1972年から毎年12月に東京で開催しており、根強い人気に支えられている。近年は、クラヴィコードや、シューベルト時代のフォルテピアノを使ってのコンサートにも力を入れており好評を得ている。またユーモアを交えながらの深い学識に裏付けられた話は聴衆を和ませ小林道夫自身の人格と相俟って人を引きつけずにはおかない。国立音楽大学大学院教授、東京芸術大学客員教授、大阪芸術大学客員教授を歴任。現在、大分県立芸術文化短期大学客員教授。1956年毎日音楽賞・新人奨励賞、1970年第一回鳥井(サントリー)音楽賞、1972年ザルツブルグ国際財団モーツァルテウム記念メダル、1979年モービル音楽賞を受賞している。マイスターミュージックよりCD、小林道夫の芸術Ⅰ~Ⅵを発売、好評を博している。「 東京芸大バッハカンタータクラブ」名誉指揮者。

-------------------------


FB 東京藝術大学バッハカンタータクラブOBと現役部員による特別演奏会
FB OFFICE ARCHES
OFFICE ARCHES






共通テーマ:音楽